支出の見直しは何から始めたらいいか?

管理人
管理人

こんにちは!管理人のぎんです

本日は固定費の削減、支出の見直し・節約の重要性について説明します

前回の記事では株式投資について説明しましたが、そもそも投資に回すお金がなければダメですよね

その資金を作るためには余計なことにお金を使わないマインドが必要です

ですが、節約と言ってもご飯をケチるとか趣味にお金をかけないとかそういった類いのものではありません

必要なことにお金を使い、不必要なもの代替出来るものは本当にお金をかけて利用し続けるべきか検討しようねと言うことです

今回紹介するものは3つです

あくまで私が固定費の削減の第一歩として効率的に支出が削減出来たものになりますので、細々したものは省いています

全ての方に当てはまる訳ではないですが、多くの方が実現可能だと考えています

目次

①格安SIM

圧倒的に見直しの優先度が高いのは携帯電話の料金です

これはdocomo、au、Softbankの主要3大キャリアのユーザーの方はほぼ例外無く検討するべきだと思います

私は以前auユーザーで月額8000円程度を毎月支払っていました

年間支出にすると8000円×12か月の96000円にもなります

数年前から楽天モバイルの旧プラン(現在は新規契約不可)に変更し、今は月額1600円程度になります

1600円×12か月で19200円になりました

年間支出は76800円の削減です

長期的な視点にすると10年で76万円です

この差はヤバいです

提供されるサービスの内容はほとんど変わらないのに約8万円の得をすることが出来ます

年間支出を8万円削減出来るということは年間所得が8万円増えることと同じ意味で捉えることが出来ます

私にとってその8万円をどのように使うか選択肢が増えたことが節約や支出の見直しをするきっかけになりました

キャリア毎の比較やそもそも格安SIMって何?ということはここでは省きますが、今後他記事で更新予定です

②現金を持ち歩かない

続いて行ったことは現金を持ち歩かないことです

クレジットカードと携帯のみです

現金を持ち歩かないメリットは自動販売機や現金のみでしか買えない場所に行かなくなりました

というよりそもそも選択肢から消え去りました

現金を持ち歩かなくても多少困ることはあっても死ぬことはありません

昨年からクレジットカードや電子決済の利用をすることが増えた方もいるのではないでしょうか

現金を持ち歩かないことに関してはいやいやカード使うやんと思われる方もいるかも知れませんね

同じ使うにしてもカードや電子決済の利用はデータとして残りますのでフィードバックがしやすく、ポイント還元もありますので長期的な積み重ねが結果として支出のコントロールを生みます

ただし、ある程度節約の意識が芽生えてからのほうがいいかも知れません

③車を手放した

以前は普通車1台と軽自動車1台を所持していたのですが、通勤は自転車で行っていました

この状況で家族3人で車2台は不必要です

車にかかるお金は大きく4つです

①ガソリン代

②自動車保険

③メンテナンス代(車検、タイヤ、オイル)

④税金(自動車税、重量税)

購入時の金額だけでなく、この4つのお金が継続的にかかるお金です

私でいうと年間で

①ガソリン代・・・月1回約3000円程度×12=36000円

②自動車保険・・・任意保険50000円、自賠責12260円

③メンテナンス代・・・車検約20000円 オイル5000円

④税金・・・自動車税29500円、重量税8200円

合計・・・約16万円

これを手放したことで年間16万円の節約になりました

私の場合は田舎ではありますが、勤務先まで自転車で10分圏内で新幹線も止まる駅が15分圏内にある賃貸に住むことであまり車を使わない生活を実現出来ました

2台持ちの方や職場から近い方は是非検討してみてはいかがでしょうか

まとめ

①格安SIMを利用する

②現金を持ち歩かない

③不要な車は手放す

この3つで私は年間30万程度の支出を削減出来ました

その他にも家賃や生命保険は見直す優先度の高い固定費になります

皆さんも今一度、払う必要の無いものにお金を払い続けていないか考えてみてくださいね

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる