SBIネオモバイル証券ってどうなの?ネオモバの評判と特徴まとめ

管理人
管理人

管理人のぎん(@ginvesterPT)です

皆さんは「ネオモバ」って知っていますか?

投資のキッカケ作りに力を入れている証券会社です

この記事ではSBIネオモバイル証券、通称「ネオモバ」について解説します!

目次

この記事はこんな方にオススメ

  • 投資を始めてみたいけどお金がない
  • ポイント投資ならできるかも!
  • コツコツ継続することが得意な人

ネオモバの特徴と魅力

ネオモバには大手のネット証券会社には無い魅力があります

「投資を始めてみたいけど、お金がない」

そんな初心者向けに小額から投資ができる仕組みを作ってくれているネット証券会社です

投資・資産運用を始めようと思っても口座開設という入り口のハードルが高いですよね

証券会社の口座開設は無料ですが、その1歩目が非常に難しいです

私は約5年前に投資を始めたのですが、「投資を始めるぞ!」と思ってから口座開設をするまでに1年くらい足踏みしました

皆さんの投資生活の1歩目が踏み出せるように実際にネオモバで投資をしている私がネオモバの魅力を全力で伝えます!

ネオモバのメリット

1株から買える

1番の魅力は、なんといっても『日本株を1株から買える』ことです

初心者の人は「それってすごいの?」と思われるかも知れません

これって実はすごいんです!

日本の株式は100株単位での売買が基本なんです

私は投資資金30万円程から始めたのですが、100株単位で取引しようと思うと数万~数十万円を出さないと株は買えませんでした

例えばマクドナルドの株を買おうと思った場合、通常の証券会社だとこれくらい必要です

実際のネオモバの画面で説明しますね

誰もが知ってるマクドナルドの株価は5300円です(11月19日時点)

これは1株の値段です

ということは・・・

通常の証券会社の取引では5300円×100株なので53万円必要になります

さすがに投資初心者が53万円をだすようなことは出来ません

ですが、ネオモバなら5300円からマクドナルドの株を買えるんです♪

まずは試してみようと思える優しい仕組みですね!

Tポイントを使って株が買える

楽天ポイントと並ぶ二大勢力であるTポイント

Tポイントの使える店舗・サービスの多様さは皆さんご存じの通りだと思います

このTポイントを使って株を買うことができます

「現金を使うのちょっと怖いかも・・・」

という方にもネオモバは救いの手を差し伸べてくれています

先ほどのマクドナルドを例に挙げます

Tポイントが1000ポイントあった場合は、現金4300円+1000ポイントを使って購入出来ます

現金を一切出したくないのであれば株価が1000円以下の株を買うことも出来ます

現時点で1000円以下で買える企業は日産自動車やゆうちょ銀行、パナソニックなどがあります

浪費癖を改善できる

5か月前からネオモバを試してみていますが

ネオモバで運用する際に決めたことがあります

それは

「ビールを我慢した本数×200円をネオモバに入金する」

というマイルールを設定しました

運用の仕方は人それぞれではありますが、こういった方針を決める事で支出のコントロールもできて一石二鳥です

この記事を書いた日に購入した株は「コニカミノルタ」を12株買いました

こんな感じで毎月節約したり、浪費を我慢した分を投資に回して資産を作る練習が出来ますね!

毎月Tポイントが貰える

Tポイントを毎月200ポイント付与してくれます

有効期限付きのポイントですので、忘れないようにしてくださいね!

IPOにも対応

ネオモバはIPOにも対応しています

IPOとは以下の通りです

IPO投資は「上場する前に株を手に入れること」。

IPOは、新規株式公開(Initial Public Offering)の略です。

会社をさらに成長させるため、その株式を取引所に上場させ、 売買できるようにして、幅広い投資家から資金を募ることです。

SBIネオモバイル証券

カンタンに言えば成長著しい企業などが上場してきた際に、いち早く購入する手段をいいます

このIPOも1株から買う事が出来るんです

ネオモバなら応援したい企業が上場してきた場合にも、小額からいち早く株主になることが出来ます

株主優待も貰える

日本株を買ったならやっぱり欲しいのが株主優待ですね!

ネオモバでコツコツと買った株でも株主優待が貰えます

株主優待が貰える条件は各企業によって異なりますが、100株が基本になります

少しずつ積み重ねて貰える株主優待は喜びが大きいのではないでしょうか!

私もコツコツと買い増しながらその時を夢見ています(^^)

一見デメリットに見える点

人気の米国株は買えない

特にここ数年は米国株の人気が高まっています

ネオモバは残念ながら米国株には対応していません

しかし、米国株を買う際にはそもそもネオモバである必要がありません

その理由は

『米国株はどこの証券会社でも1株単位で売買できるから』

あくまでネオモバのコンセプトは小額から始めたい初心者をターゲットにしています

米国株を始めたい人はSBI証券・楽天証券・マネックス証券あたりのネット証券がオススメです

NISAに対応していない

投資をする際には非課税口座で運用することがオススメです

ネオモバはiDeCoに対応しています

しかし、NISA、つみたてNISA、ジュニアNISAに対応していません

一見、デメリットに感じますよね

何回も言いますが本当に小額から始めたい初心者にNISA口座は必要ありません

年間120万×5年のNISAや年間40万×20年のつみたてNISAで運用したい場合は絶対そちらのほうがいいです

ネオモバは

40万円や120万円をいきなり投資する勇気が無い人

がターゲットなんです

数万しか投資しないのにNISA口座を使うのはもったいないです

まずはネオモバで投資の経験を積んでから、自分の投資方針を固めることも1つの方法ですね

毎月220円(税込)かかる

通常であれば証券口座の利用料は無料です

ですが、ネオモバでは月額220円のコストがかかります

これも一見デメリットには感じますが、前述したとおり200ポイントのTポイントが付与されます

足し引きすれば20円ですので、私からすれば致命的なデメリットには思いません

慣れてきて普通の証券口座で運用したいと思った時には、移管手続きをしたりすることもできますので問題ありません

投資はしたいけど現金を使いたくない方にオススメの方法:マクロミルを利用する

ネオモバはTポイントを使って株が買えるのは前述した通りです

ですが、初心者にとって大事な大事なお金を使うのは気が引けるかも知れません

マクロミルならアンケートに答えるだけでポイントが貰える完全無料のポイ活アプリです

最初の1か月くらいでも1000ポイント以上貯めることが出来ますしTポイントや現金、仮想通貨にも交換出来ます

記事で解説しているのでご参照くださいね!

まとめ

以上が投資の入り口としてオススメなネット証券『ネオモバ』の魅力でした

利用して感じたことは『ネオモバに向いている人、向いていない人がはっきりする』ことです

これはターゲット層が20~30代の初心者だからだと言えます

しかし、この条件にマッチする人が実際にたくさんいることは事実です

ご自身の適正を検討した上で向いていると思った方は投資の入り口として始めてみてくださいね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる