円貨口座出金余力不足による譲渡益税徴収額の外貨円転処理って何?

ぎん(@ginvesterPT)です

米国を中心とした株式市場が盛り上がっていますが、皆さんの資産の具合はいかがでしょうか?

先日私は、キャッシュを確保するために一部の銘柄を利確しました

その数日後SBI証券からこんなメールが届きました

(重要)「円貨口座出金余力不足による譲渡益税徴収額の外貨円転処理のお知らせ」

管理人
管理人

なんじゃこりゃ・・・?

漢字ばかりで意味分からん・・・

目次

それぞれの言葉を分解して理解しよう

SBI証券からのメールはこのような内容でした

難しい言葉が並ぶとドキッとしますよね

悪いことしてないのにパトカーや白バイとすれ違う時みたいな感覚・・・

私は長ったらしい文は分解したくなるので分けて考えてみます

円貨口座出金余力不足とは?

「特定口座」では、証券会社は損益通算をしてくれるので、普段確定申告をしない人たちにとっては非常に楽ですよね

SBI証券のメールで分かるのは

「特定口座」の外貨建ての株式や債券を売却した場合の譲渡益税の徴収は円貨で徴収されるということです

管理人
管理人

知らなかった・・・

その為、税徴収時に証券口座内に徴収分の日本円の残高が無いとこのようなメールが来るみたいですね

譲渡益税とは

そもそも譲渡益税ってなんだろう?

ということで調べてみました

引用 財務省>株式等譲渡益課税の概要

株式や債券等の有価証券を売却する際に、利益を伴う場合は税金がかかります

その内訳は住民税と所得税を合わせて20.315%となります

財務省の図では細かく記載されていませんが、復興特別所得税が加算されますので

所得税15%×2.1%=0.315%が上乗せされます

所得税15.315%
住民税5%
20.315%

例えば100万円の利益に対し約20万円の税金が引かれる為、手元には約80万円残ると言うことですね!

この税金を徴収することを譲渡益徴収と言います

2013年までは10%だったのはここだけの話です

外貨円転処理とは

外貨建ての資産を日本円に転換することです

今回の件ではドル建ての米国株式を売却したのですが、その際に出た利益分のドルを日本円にSBI証券が転換処理をしてくれたんですね

円貨口座出金余力不足になる理由

私はSBI証券で米国株式のみの運用を行っています

証券口座への入金前に住信SBIネット銀行でドル転した上で行うので、円を口座内へ入れることはありませんでした

今後も特にSBI証券で日本株を売買する予定はありませんので、どうしましょうかねーと言った所です

過去記事で証券会社の特徴をまとめていますので比較をしたい方はご覧ください

円貨口座出金余力不足への対策

円貨口座出金余力不足への対策はどのようなものがあるでしょうか?

  1. 日本円を口座内に入金しておく
  2. 案内通りに円転処理してもらえばいいやと思っておく
  3. そもそも外貨決済ではなく円貨決済をしておく

この3つくらいでしょうか

私は特に問題が無いんであればそのままでもいいかなと思ってます

円高傾向が続くのであれば、ドルから徴収してもらった方が得ですしね

まとめ

ちょっとニッチな記事になってしまいましたが、いかがでしたでしょうか?

特に取引が制限されたりする重要事項では無いので安心してください(^^)/

コロナショック以降、米国株がますます賑わいを見せていますが、冷静な判断をしていきましょうね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる